読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

不安の種は、忘れ去られた感情や情報。宣言有りきを一旦やめてみる

お久しぶりです。 再び随分と放置してしまった。その間のアクセス数をみるとホント申し訳ないことです。。。 この間私が何をしていたかというと、あちらこちらに解説していたブログやSNSを選別しながら整理し、ブログはここはてなへ一本化、SNSは長年使い…

「知らない者ほどよくしゃべる」という格言の裏には“共感したい、学びたい”という思いがあります

七十二侯: 涼風至る 季節の花「つゆくさ」。人の心は本来高貴だがゆえに移ろいやすい。 マヤ暦: 白い魔法使い/白い風 音13 心の奥でくすぶっている思い出(感情)を大胆に捨て去る。 本日のタオイズム「自分も他人も疑わない。疑いそうになったときは頭…

気ままな食事で身体を壊していては自由とは言いません

七十二侯: 涼風至る 「立秋」五臓六腑の神々に祈り、体内の邪気を払う。桃。しじみ。 マヤ暦: 黄色い人/白い風 音11 固定観念の打破、信念や道理を貫く 本日のタオイズム「自由の裏側にある自己責任と管理を制した人が真の自由人なのかもしれません」 …

「もしかしてこれってチャンスじゃないの?」と機転が利く日

七十二侯: 大雨時々行(ふ)る 雷鳴轟く空。かみなりは大地のシナプス。意識を変える。霊性を変革させる。 マヤ暦: 赤い月/白い風 音8 次の季節に向かってエネルギーの流れが変わる時。人もまた同じ。 本日のタオイズム「長い下積みが報われる、仕事帰り…

神秘の力を受け入れられるかどうかが飛躍か否かの分岐点です

七十二侯: 大雨時々行(ふ)る 蝉時雨。大雨が降ったように一斉に泣き出す蝉の声に命の脈動を感じる。 マヤ暦: 黄色い星/白い風 音7 己の星を知る。メッセージを受信する。己の役割(代表者として)を受け入れる。 本日のタオイズム「夜空に煌めく星のど…

金運、財運に関する目標を宣言し胸に刻む

七十二侯: 大雨時々に降る むくむと膨れ上がる入道雲、局所的な集中豪雨、こころも洗い流す。魂を贖う。感謝。慈雨。 マヤ暦: 青い手/白い風 音6 敢えてしっかりと手入れをする。面倒なことに取り組むことで欲しい物をつかみとる。 本日のタオイズム「溢…

今日はほんのちょっと、スピリチュアルなコツをお教えしましょう。

七十二侯: 土潤いて蒸し暑し そろそろ大地のオーブたちもクリアニングされた頃。夜空の星がいっそう美しくきらめきます。 マヤ暦: 赤い蛇/白い風 音4 物事をなるべくシンプルに捉える。起こってしまったトラブルの解決は心身をクールダウンさせてから。 …

公園の木陰で知らない人と碁をさす、なんて感じもいいじゃないですか。

七十二候: 土潤いて蒸し暑し 打ち水や夕涼み、そんな感覚で心身もクールダウンしましょう。 マヤ暦: 白い風/白い風 音1 理想と現実の狭間で苦悩しても、共感し合える出会いが心を癒します。 こんぴら一日目。宿の周辺を散策。酒屋を見つけて焼酎を買う。…

足元を不平不満で固めたら、先一年そんなことばかりになってしまいます

七十二候:土潤いて蒸し暑し 大地に眠る祖霊(お蔭様)は、熱気と共に上空へ舞い上がります。 マヤ暦:赤い龍/赤い月 音13 忙しさを喜び運気に乗りましょう。 本日のタオイズム「何はともあれ“おきばりやす”」 大地には様々な霊(オーブ)が鎮まっています。旧…

仕事についての「こうする!」みたいな宣言にいい日です

【斎場御嶽】 七十二侯: 桐始めて花を結ぶ 森に佇むと音が反響し梢から、天高く祈りが通づるような、そんなエネルギーに包まれています。 マヤ暦: 黄色い太陽/赤い月 音12 とりかかった仕事、やりかけの事柄を処理する。他人に任せるよりは自分で行う方…

暦を知ることは社会の流れに乗る一歩だったりもします

暦をただの日めくりにせず、気の流れをみる指標にしてみる 若い頃は今日が何月何日で、なんていうのは結構どうでもよくて、毎日日が昇って学校へ行って勉強したり友達と話したり、日が暮れたら家に帰る。そんな風にして日々が過ぎて行ったように思います。 …

亡き者の魂を癒し守護に変える「ターコイズブルー」

本日のタオイズム「互いの個性が際立ち活かすことが出来る日」 七十二侯: 大暑 桐始めて花を結ぶ マヤ暦: 黄色い戦士/赤い月 音8 「誰かの役に立つ」という感覚が実感できる日です。 人はつい他者の欠点など粗探しをしてしまう生き物ですが、今日の地球…

桐の花の「紫」、ウニの「オレンジ」、オーラでいうと『心身ともに大転換』なのです。

いよいよ夏本番。暑さも段々厳しくなってきました。 この時期になると頭に浮かぶのは『うに』。あの美しいオレンジ色が私の心を切なくします。沖縄産のウニはバフンウニほど濃い色ではありませんが、ウニはウニです。旬のごちそうを頂きたいものです。 そう…

望む成功のカタチがあるならまず“赦す”という感覚を手に入れていこう

七十二侯: 鷹乃学(たかわざ)を習う マヤ暦: 白い魔法使い/赤い月 音6 自分や他者の過ちを受け入れ、そして赦す。新しい境地を見出すには、記憶の中から不安や恐れの原因となっている“失敗という経験”を手放すことが必要なのです。 本日のタオイズム「…

既に今ある暮らしの中から学び得て新しい流れを得る、これがラフに運気を上昇する秘訣なんです

七十二侯: 小暑「鷹乃学(たかわざ)を習う」 マヤ暦: 赤い空歩く人/赤い月 音5 口先ばかりでいくら教えても、言葉というのは各々の解釈で理解が異なります。“暮らし”という現場において共に実践することで、子どもというのは覚え、学ぶのです。真の知性…

今日だけは過去にとらわれない自分を感じてみる

【本日のTAO】 目標をガッチリ設定。 ゴールまでの距離をしっかり測定。 ゴールで行うべきことを追求する。 それからの方向転換。 見切り発車は良くない。 今日は未来を見据えてみる。 七十二侯: 小暑“鷹乃学(たかわざ)を習う” 最初からうまく飛べる雛は…

“楽しむ”ってことをがんばっちゃうヒト、結構いると思うんです。

マヤ暦についてはきちんと専門アドバイザーに監修してもらって掲載しています。ご安心を。 旧暦を軸にした季節の移ろい『二十四節気七十二侯』については、ここ沖縄では暮らしそのものが旧暦に基づいているので、強いてまで学術的な専門知識を必要とはしてい…

トラウマが吹き出してしまうかもしれないけれど、これは好転の兆しです。

心霊現象ばかりじゃなく、たくさんの悩みを引き受けます。 それは人間関係だったり、子育てだったり、仕事のことだったり。 お客様の話を聞くうち、 “ちょっとだけ豊かになる” をキーワードに日常の色々を書きたいという思いが湧いてきました。 誰かの力にな…

たま(魂)に沁みなむ

前記事でちょこっと告知したイベントも無事終了。 達成感の余韻に浸る間もなく、いつものように日々に追われています。 参加して下さった皆さん、様々な変化が訪れているようでお返事が間に合っておりませんが、意識の変化に自分のことのように嬉しくなりま…