読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

たまゆらに祈る

本日も過去記事から抜粋。 インポートという手もあるんですが、どのみち整理整頓は必要なので宜しくお付き合い願います。 井泉のたまゆら 沖縄の神事には“火の神迎え(ヒヌカンムケー)”という行事がある。旧暦の12月24日に天にお帰りになったかまどの神…

スピ旅珍道中は夢現(ゆめうつつ)

以前こんな記事を書いた。 spinavi.hatenadiary.jp 大体私の旅はこんな感じで睡眠時の「夢」から始まる。 これがライフワークの一つでもある。 何故こんなことを始めたかというと[スピリチュアル][ヒーラー]という肩書きを持って仕事をしていると、いず…

たま(魂)に沁みなむ

前記事でちょこっと告知したイベントも無事終了。 達成感の余韻に浸る間もなく、いつものように日々に追われています。 参加して下さった皆さん、様々な変化が訪れているようでお返事が間に合っておりませんが、意識の変化に自分のことのように嬉しくなりま…

ついにはてなでも私の正体が明らかに・・・

イベント告知 こんばんは。 そして、明けましておめでとうございます。 旧年中はたくさんの方にブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。 本年もスピ旅珍道中をお届け出来るよう精進して参ります。 さて。今夜は阿倍野区の旅紀行の最中ではありますが…

阿部王子神社イントロダクション

ここでは名前を出してないけども、「かみんちゅヒーラー」という肩書で仕事をさせて頂いている。これを肩書と言っていいのかどうなのか迷うけども、お客様から頂戴したもので気に入っているので使わせ頂いている。 さて。 今日は、すぐに阿部王子神社につい…

驚愕!弓弦羽神社の末社!

昨日は偉そうに知っているかのように『灘五郷』とかキーワード使っちゃってますけど、これ、沖縄へ戻ってから調べまくっているんです。すんません。 さて。 昨日の続きなんだけど、すぃ〜っと裏手の方に意識が吸い込まれていく感覚を調べたかったのだが、セ…

神戸・弓弦羽神社神社でのヒトコマ

時系列に旅の記事をアップしていきたいんだけど、まだ色々と調べが残っている部分があるのと、この間の宮古島の写真が古いガラケーに入ったままで移動するのが面倒という理由で、今日からしばらくは先週金曜からの出張先、兵庫で参詣した神社仏閣をご紹介し…

来週は宮古島。そして爆弾投下の夢。

私の旅始めのきっかけは『夢』。 夢で見た場所を根気よく探し、見つけたら支度を始める。 実際に行ってみると「なんだ、こんなものか」と思うような場所もあるけど、そこへ行くことに意味があると思っている。 また、ついでに発見したパワースポットについて…

磯良大神からのタカラガイ

ちょいと溺れかけております。 連続投稿、煩いと思われますが仕事前に一気に書き上げたいm(_ _;)m 豊玉姫を探ると琉球に繋がる文面があちらこちらに見受けられるので、これは追々。 今、ホットなキーマンは磯良大神(=ウガヤフキアエズノミコト)なのでここ…

腹から磯が生まれるって話

湯に浸かりながら、福岡に行ってみればなんかわかるのかな〜、などとぼんやり考え始めていた。 数年前もこの磯良大神については追うだけは追ったので、特にこれ以上の収穫はないだろうと思いつつも、直球で検索してみた。 “「海 = ワタ・ワタノハラ」という…

磯良大神がキーマンだった(イメージは乙女だけどね)

下書き保存をしていたつもりが、公開になってしまっていた。 すんません。これからせっせと文章を書き足します。 不思議なのは先祖の地なのに宮古島はどうにも地元という感じがしない。それなりに青春はあったのに。実際暮らした期間も短い。特に祖父の生家…

謎解きはふるさとから始まる

思い出をコラージュ。メモリが不足するからせっせと整理しなければの。石垣島、今度いつ行ける(帰れる)かな(´-ω-`) pic.twitter.com/KzOu7cNau5— universal insight 42 (@193tsukumo) 2015, 9月 21 神社(パワースポット)に神話はつきものだから、どうして…

全然、滋賀・近江の話になってないけど振り返る(3)

えっと。やっぱり何故私はこんなにどつかれなきゃならんのか、という秘密がここ近江にある気がするのだ。 関心が無い方には申し訳ないが、記録のためにも書かせて頂きたい。ご容赦(。-人-。) 神阿多比売(=コノハナサクヤヒメ)から始めてみよう。九死に一生…

滋賀・近江の旅を振り返る(2)

「う」っていう文字は、私を良く知る人たちにとってはすぐにピンとくる逸話があって、それが20年近くも経って、「鵜」そして「卯」であることは当の本人も予測し得なかった。 “ウド”という言葉が穴を意味する“うろ”だったとして、何故“鵜戸”という漢字を当…

滋賀・近江の旅を振り返る(1)

いつも「何故奈良にいけないんだ!」って思ってたけど、ここからってことなんだろう、きっと。 京都はご縁があって何度か寄せて頂いたけど、京都より和歌山よ!奈良より滋賀よ!って言われてるようで、ミエナイ世界からは私の興味などお構いなし。 確かに学…

近江八幡「日牟禮八幡宮」

おっと。 一応念の為「日牟禮八幡宮」へも参拝しました。 拝殿がオモテとウラというか、なんだか不思議な感じがした。 元々は地主神・大嶋大神がご鎮座されていたところに八幡神を勧請した、とある。 境内の奥には摂社や末社の祠がズラッと並んでいたんだけ…

長命寺探索の旅、完。

大本命だからさ、つい長くなっちゃうよ、「長命寺」シリーズ。 いい加減この回で終わらせよう(-_-;) 私のパワースポット探索もかれこれ20年になる。 そう。若くないのよ、私。いいのよ、私だから(T_T) ここはどこだとググっている内に、だいぶ垂れ流し気味…

長命寺山は島だったらしい。

う〜ん。何故こんな写し方したのか思い出せない。 長命寺の境内なんだけど、本堂ではない。 なんだったかなぁ〜(-_-;) ←歴史への関心のなさが伺える * 夢から目覚めてすぐに「近江八幡」について調べた。 てっきりそういう名前の神社があると思えばなく、検…

今回の旅の大本命『長命寺』

滋賀県は二回目だ。 一回目は信楽町宮町でお世話になった。 なんとも不思議な町で、もう一度しっかりと探索してみたいと密かに機会を伺っていた。 そんな中で再び滋賀の旅へチャンスが巡ってきた。 三年前くらいになるだろうか。 これまた奇妙奇天烈な夢をみ…

ご神体がでっかい古墳だよ『白髭神社』

このペースで書いちゃうと先にネタ切れちゃうね。 切れちゃった時に何書こう? アレ、書こうかな。『オカルト徒然』。アレはあれで心霊スポット満載なんだよね。 バイトの子がエブ○スタ☆にアップしてくれてるのがあるんだけど、あすこで続き書こうにも書けな…

宮崎・日南と鹿児島は霧島の旅を振り返る

10代の心霊スポット巡りから始まって(良い子の皆んなはマネしないでね)、20代半ばからスタートした聖域という意味でのパワースポット探索。もうかれこれ20年にはなるわけだ。 なまじ霊感を扱った仕事をしているものだから、不本意な場所もあったけど…

次元が交錯する場所(2)

やんばるの大石林山はまだ友好的だったから今でもちょこちょこ行く。 用があるのはお隣の山のほうだけども。 そうそう。もうひとつ思い出した。 伊計島の仲原遺跡も悪くはなかった。 当時は私がまだ経験値がなくてキャーッて逃げたけども。 ここも縄文期の遺…

次元の交錯する場所(1)

取り上げねばなるまい。そろそろ。 pic.twitter.com/jt7SjEXwnq— universal insight 42 (@193tsukumo) 2015, 9月 2 思うにだ。 島根の美保神社といい、やんばるの大石林山といい、神代の時代からの遺跡というか伝説というか、そんなのが残る場所っていうとこ…

塩浸温泉竜馬公園内の祠

本日書く記事は、龍馬ファンからはバッシングを受けそうだ。 ファンの皆様。私も龍馬伝は大好きです。どうか誤解なきよう! 龍馬殿ゆかりの地を汚すつもりは毛頭ないことを何卒ご理解くだされ<(_ _;)> 駐車スペースが狭く危険ではあったが、長閑な風景に誘…

丸尾の滝、からの和気神社

さて。 本日は(といってもこの度は約1年前)沖縄へ帰る日。 来年再び訪れることを約束して帰路につく。 運転中偶然通りかかった滝の側。 あまりにも美しいので車を停める。ホテル近所で偶然見つけた「丸尾の滝」。爽やか~ pic.twitter.com/sMqcrn4b6Y— un…

霧島七不思議「夜の神楽」

今夜のホテルに到着。 湯けむりってなまめかしいよね〜 温泉じゃみんないい男、いい女にみえる。 好き(*°∀°)=3今回、この宿の目的は、予約制で一人で入れる家族岩盤浴、風呂(もちろん源泉掛け流し)。しかし、私のミスで予約されて無く、二時間待つこととな…

絶景!大浪池

参道の階段で座って景色を眺めたり、ヒモロギの横で吹き抜ける風を楽しんだり、斎場の端っこに立って耳を澄ませたり。 それほど広くない、あるのは景色だけってとこでどんだけ時を過ごせるか。 気がつけば1時間があっというまに経過していた。 時間は午後3…

霧島神宮古宮趾

その名の通り、霧島神宮がもとあった場所。 6世紀、欽明天皇の時代に霧島神宮は創建されたそうだ。 何度か噴火で消失し現在地に落ち着いた。この辺は狭野神社もそうだったけど、死者が出なかったのは幸いだ(記述がないからそうだよね?) 高千穂ビジターセ…

ついでの霧島が想像以上に素晴らしかった件

私はきっと、いや、間違いなく間抜けだ。 でも、これは馬鹿ナビのせいだと思うんだよね。 皇子原公園から霧島に抜ける途中に「御池」っていう、日本で最も深い火口湖があるらしくそこに行きたくてナビを設定したらキャンプ場に案内されるわけ(後日その近所…

宮崎県高原町「皇子原公園」到着

狭野神社の次に向かったのは『皇子原公園』。 ガイドマップをみながらやってきた。 彼岸時期に辺りを曼珠沙華がうめつくすらしく、私が訪れたのは時期はずれ。 ちっきしょ〜!! 曼珠沙華に埋もれた恐怖映像をアップしたかった・・・・ でもほら。 皇子原に…

狭野神社での癒しのひととき

宮崎神宮の後に目指したのは「狭野神社」。ここは霧島への道なりでみつけた里なので特にとてもいきたかったわけではないけど、目的の鵜戸神宮参拝は済んだのでぶらりと寄ってみた。これが中々のヒット。 pic.twitter.com/veR3If72sT— universal insight 42 (…

油日と油津

脱線を覚悟の上でお読みいただきたい。 「五瀬命」からの神武・狭野。 彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊と海神の娘である玉依姫のとの間の子。弟に稲飯命、御毛沼命、若御毛沼命(磐余彦尊) とあるように、先日訪れた鵜戸神宮の主祭神ウガヤフキアエズノミコトのご長…

ちょっと寄り道「五瀬命」

神武の旅の記録をアップする前に、なんとなく気になった「五瀬命」について探ってみたい。 なんとなく、昨日の記事をきっかけに、五瀬命を追っていると五ヶ瀬でお世話になった樂流のりつこさんからメール。「五ヶ瀬の祇園神社に五瀬命祀られてますよ~」と。…

宮崎神宮

宮崎神宮にご挨拶。ここにもウガヤフキアエズノミコトが鎮座されていた。 このあと私は神武の里狭野へ。 pic.twitter.com/t7aVIe9dem— universal insight 42 (@193tsukumo) 2014, 11月 3 印象としてはまず“すっきり”。整っていて空気が澄んでいる。この日は…

「そうじていかなり」:鵜戸神宮3

「そうじていかなり」 というメッセージについてホテルに戻ってから色んなパターンで考えてみた。 沖縄の家族へも電話をかけ意見を訊いてみた。 文字解釈としては「総じて如何なり」がしっくりくる。 古語である(辞典買っとくかな〜)。 簡単に言ってしまえ…

鵜戸神宮を目指した理由:鵜戸神宮2

他ブログからの引用になるが、こちらを読んでいただきたい。 【妙】祖母が示した場所 【妙】祖母が示した場所:シックスセンス・オムニバス ORB~玉響(たまゆら)~ 父方の祖母が夢で示してくれた場所であったからなのだが、その理由は沖縄へ戻り、数日経っ…

始まりは日南:鵜戸神宮

これだな。使いやすいもの。 色々インストールしちゃったけど、Twitterが連携しやすい。 うーん。どうしたものかな。 pic.twitter.com/H1qZcGmPXq— ツクモヒジリ (@193tsukumo) 2014, 10月 30 TwitterのようにFacebookの記事をまとめることができるかと思っ…

機能のチェック中

霧島SAでの1枚。はてなブログ、リニューアルして再始動。 数年離れている間にアプリも出来ていてかなり便利。 機能のチェックも兼ねながらの初めての投稿。 シーンでの使い分けをする必要がある。 ここでの記事は、パワースポット情報が殆どだから、つぶや…

魑魅魍魎というスパイスでソテーしてみました、コエダケ。

さらに[コエダケ]が成長を続けると、本人の意志とは別の意志を持って行動するようになる。 これが第三段階。 この頃の本人の精神状態は酷くアンバランスな状態に追い込まれている。 分離している感覚もある。 いつも心ここにあらずな感じだ。 何故わかるか…

声だけの生霊もいるんです。

つづきまして生霊第二段階。 [コエダケ]。←声だけの生霊といいたい なんかきのこみたいなネーミングにしてしまったが、ふくちはらさんのパターンはこちらに近いと思われる。 ちょっと別件(大きな女の顔など)も参加中ではあったが・・・ その前に。 事の…

霊は二次元的にしか生きれないものなんです、基本。その3

余談が過ぎて申し訳ない。 お付き合い頂き誠にありがとうございます。 鏡の話になるとつい熱が入ってしまう。 あといくつかあるのだが、そろそろ本題に入ろう。 * 合せ鏡的エネルギー。 何が言いたかったかというと、この時期は我々が認識ないところで、二…

霊は二次元的にしか生きれないものなんです、基本。その2

タイトルを読んで変だ、と思ったアナタ。 鋭い。 そーなんです。 霊は異なる次元では列記とした生き物であるのだが、こちらからすると二次元世界なものだから、絵画の中の人物がコチラ側に飛び出して来れないのと同じなのだ。 ただ、最近は3D技術が発達して…

悪霊は「名前」を追う、って話なんです。その2

芳しい匂いは、「花の香り」ではなく「食べ物の匂い」だ。 あしからず。 ただしだ。 それを芳しい、というのは腹を空かせた連中だけだと思われる。 これに寄せられてくる人々の“背景”もまた凄い。 一般人には胸焼けしそうな匂いかと。 私はただ臭いだけの人…

金毘羅参り

昨夜は更新の後、お香でパソコンを燻した。 今朝は普通に使えている。 一体なんだったんだ。 * 何故パワースポットへ行くか。 7割はこれまでにご縁のあるお客様、またこれから出会うお客様のために行く。 クオリティの高いセッションを目指して。 神社の所…

黒目の大きな瞳

連日面白いセッションが続いているのでセッションについて書きたいが、今夜は私が昼間見た夢の話について。 かなり意味深だったので記録のために。 転寝の夢なのだがかなり強烈だった。 ちょっとしたホラーである。 * 「まないばし」という名の小さな橋が出…