不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

鵜戸神宮を目指した理由:鵜戸神宮2

他ブログからの引用になるが、こちらを読んでいただきたい。

【妙】祖母が示した場所:シックスセンス・オムニバス ORB~玉響(たまゆら)~
父方の祖母が夢で示してくれた場所であったからなのだが、その理由は沖縄へ戻り、数日経ってから知ることになる。
ちょうど、この鳥居を撮影するために立っている場所に祖母は居て、それを私は上から眺めている格好だった。
夢の中で、聖地にいることはわかり竜宮神(ニライカナイ)を祀っていることは直感した。

f:id:kudomichi94:20141031120839j:plain
鳥居の前でじっと立っていると、さっきまでどんより曇っていた南の空がだんだんと晴れ、青空が拡がっていく。
海だけを眺めていると、さすがに宮古や石垣とは比べられないが、沖縄本島北部のそれとあまり変わらない。
(やんばるの海みたいだ・・・)
そんなことをぼんやり考えていると、脳裏に断片的に馬に乗った花嫁が浮かぶ。
私はこのシーンをどこかでみたことがあったが、この時は思い出せずにいた。

f:id:kudomichi94:20141031120918j:plain
本殿前では特に何かを祈るわけでもなく、賽銭を放り込みご挨拶だけをして左回りで奥へ進んだ。
(ここはすべてが反時計回りなのだな)
神社の多くは右側通行ではなかったか、と思いながらでもコチラのほうが心地いいと感じていた。
写真は「九柱神社」。
この社の前で何故か離れてはいけないような気がしてしばし眺めていると、“そうじていかなり”という言葉が頭に入ってきた。
当然意味はわからない。“総じて以下なり”という文字解釈でいいのだろうか。
ここでじっとしているわけにも行かず奥にすすんだ。

続く