読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

宮崎神宮

印象としてはまず“すっきり”。
整っていて空気が澄んでいる。
この日は七五三を祝う家族連れが多かった。
この晴れ着はいつみても心洗われる。

健やかに育てよ

ん?
鵜戸神宮での言質だ。
これは憑依だな。
或いは“伝っている”。だとしたら何が媒介だろう。
こんなことを考えながら参拝するのも私ぐらいなものだろうな。
ムニャムニャ・・・ ←祈っている

参拝が済んで帰ろうときた道を戻る。
ふとしたものが目に入った。
3メートルはあろうかという竿の先に差し込まれた榊だった。
一瞬これが巣に見えた。
(いや、まさかな・・・)
でもやはり気になり駐車場に戻ってから榊について調べる。
“栄える、という言葉にちなんで”というものもあれば、神棚に供える常緑樹をサカキと読んだ、とか神の世とこの世の境の木だから、となんともピンとこない。
(考え過ぎか・・・)

宮崎神宮はナビに入れると「護国神社」で示される。
社伝によれば歴史は古いようだが、真新しく整然としているのは毎日のようにたくさんの方が出入りし手入れを行っているからだろうか。
初めての宮崎神宮は“きちんとさん”の印象だ。

狭野神社へつづく。