読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

ついでの霧島が想像以上に素晴らしかった件

私はきっと、いや、間違いなく間抜けだ。

でも、これは馬鹿ナビのせいだと思うんだよね。

皇子原公園から霧島に抜ける途中に「御池」っていう、日本で最も深い火口湖があるらしくそこに行きたくてナビを設定したらキャンプ場に案内されるわけ(後日その近所であったことを知るわけなんだけど)。

んなわけねぇ、とあっさい地図とあっさい勘で行こうとしたらUターンも危うい山道へ。

途中不安になったが、でもナビはきちんと案内してるし・・・って?!( ゚д゚)

ナビ、修正かけやがった!道ないじゃん!

またもや遭難しかけた。←一度、韓国の山中で迷子になりかけた人

お呼びでないな。。。。今回は諦めよう。

皇子原公園といい、この一帯は何かあるのか?

宿へついたら調べてみよっと。

途中、沖縄では中々お目にかかれない『離合不可』という看板に気をとられながら恐る恐る向かった霧島は素晴らしかった!

大分ほどではないと思うけど、地熱であちこちから霧が発生している。

スチームエステなんてやったら気持ちいいだろうな〜

(↑危険なのでやめましょう。場所によってはアスファルトも熱くなっている場所があり非常にまずい)

そしていよいよ本宮へ。

お天気もいいせいか、人だらけ。

そんな人混みの中をキョロキョロ見渡しているとお爺さんが近づいてきて

「観光?どこから?初めて?」

と声をかけられた。

一瞬、大丈夫?私にだけミエテル人じゃないよね?と思ったが大丈夫だった。

それくらいあまりにも仙人のオーラだったから。

地元のご老人で、お話の流れからどうやらこの地域の長老的存在のようだ。

「この参道はね、(急遽)天皇陛下が来られるということで、一晩で敷いたんだよ」

と貴重なお話をしてくださった。へぇ〜φ(..)

途中、方言や訛りのような言葉遣いがあり聞き取りにくかったが、境内に生えている珍しい四角い竹を紹介してくださったりと有意義な時間を賜った。感謝

最後にお名前をお訊ねしたが、「名乗るほどもないよ」と去っていった。くぅ〜

 

霧島神宮の印象は、洗練された濃霧のパワーというかなんというか。

力強い火山活動のパワーも勿論あるけど、その熱量で押し出されるこれまた清い水の浄化力というかなんというか。

うまく説明できないんだけど、桃源郷っていう言葉があるでしょ?

魂の次元での話をすると、いい意味で『誰も成仏していない』。

かなり語弊があるけど、『魂は死なない』というフレーズを当てはめたくなるエネルギーなんだね、霧島ってとこは。

マスターたちって、こういう場所で生まれるというかそんな感じ。

心なしか、私の背後霊たちがレジャー気分だよ。笑