読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

今日だけは過去にとらわれない自分を感じてみる

 

f:id:kudomichi94:20160717171053j:plain

【本日のTAO】

  •  目標をガッチリ設定。
  •  ゴールまでの距離をしっかり測定。
  •  ゴールで行うべきことを追求する。
  •  それからの方向転換。
  •  見切り発車は良くない。
  •  今日は未来を見据えてみる。

七十二侯: 小暑“鷹乃学(たかわざ)を習う”

最初からうまく飛べる雛はいません。うまく獲物を捕ることも難しいです。失敗や挫折があるからこそうまく立ちまわる術が身につきます。

マヤ暦: 黄色い人/赤い月 音4

仏事において仏壇に「花を供える」ことは“人の道に迷い苦悩した魂”を供養する意味があります。魂の供養は何も故人にだけ向けられるものではなく、生きている私達にも行うことができます。

過去を振り返れば誰でも“栄光や挫折”があります。どちらでも執着すればエネルギーは滞り、今を生きる者ではなく過去を生きる者になります。この状態が続けばいつか心身は水腐れを引き起こしてしまいます。

「あの頃は〜」が口癖の人、「あの時ああして欲しかった」をつい呟いてしまう人は、今日から、いえ。今日だけでもその言葉を飲み込んで見て下さい。

過去は思い出として残すから善きものになります。

 新しい道標を立ててみる

目標があるとして、そこまでの道のりはこうだ、という思い込みはありませんか。

例えば、画家になるためにはまず、専門学校や大学に行くべきだと思っていませんか。

画家(ゴール)へたどり着くのに、絵を描くためのスクールへ通う(道のり)という手段はあくまで一つの課程です。人によっては回り道にもなります。

或いはもしかして“画家”という設定そのものが道のりなのかもしれません。もう一度道のりをしっかり見定める必要があります。

必要なら方向転換しよう

日本からアメリカに渡るのに直行便を利用する方がイメージとしては便利そうですが、韓国などを経由して向かった方がよい場合もあります。

いずれにしても“概念”や“思い込み”から自由になれば、どのルートをたどる方が自分にとってはよいのか、明らかになります。