読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

既に今ある暮らしの中から学び得て新しい流れを得る、これがラフに運気を上昇する秘訣なんです

f:id:kudomichi94:20160628162027j:plain

七十二侯: 小暑「鷹乃学(たかわざ)を習う」

マヤ暦: 赤い空歩く人/赤い月 音5

口先ばかりでいくら教えても、言葉というのは各々の解釈で理解が異なります。“暮らし”という現場において共に実践することで、子どもというのは覚え、学ぶのです。真の知性とはそうして培われていきます。

 

本日のTAOイズム「学びを実践し理解を獲得することで世界は拡がる」

 毎日同じことの繰り返しで、学校や会社、そうした枠組みの中で生きることは時折息が詰まるような想いになります。

しかし、少し離れてそのことを捉えると、そこで生きる自分の勤勉さだったり努力だったりを垣間見ることが出来ます。そして、この日常の繰り返しがなんのためにあって、どんなことに役立つのか(役立っているのか)気づくはずです。

そうすると、単純に繰り返される毎日が未来に向けての“実践の場”になります。精神的にも物質的にもはたまた霊的にも、威厳に満ちた体幹を獲得することが出来るでしょう。

 

天然石「ジェット」祈りから溢れる慈愛、勤勉さ

今日のタオイズムに共鳴する石として、古代ローマの修道士がロザリオに使用していた“ジェット”をご紹介します。

この石は別名“黒琥珀”とも呼ばれ、海を漂流する丸太などで成長し海泥となって沈んでいたものが長い年月を経て石になりました。古代はてんかんの治療薬として用いられたとされます。

海は宇宙の未知のエネルギーを投影しています。仕事柄、潮汐リズム(潮の満ち干き)とヒーリングの関係性にフォーカスしてセッションを行うのですが、この“ジェット”が持つパワーもまた、深い海のゆらぎを携えています。

そのゆらぎは、くじらやイルカなどの親子が寄り添い生きる、深く広い慈愛によく似ています。