不安の種を解決する42

いよいよ人生本気で楽しもうじゃないか。そして、くぅおんは今日も行く

人生は疲れる。そんなもん

「幸福な家庭は一様に似通っている」レフ・トルストイ

そろそろ何か呟かないと、と思いながら最近の記事は書いている。さしずめ書き溜めたものを吐き出し中。

少しずつ思考が整理されつつあるけども、これからの暮らし、何が必要でそうでないかは見極めが必要だな。

Facebookの利用法だよね~ 近況知らせるNEWS的なのでよろしかろうか? 内容被らないようにせねばな。皆どうしてるんだろう?・・・・

とか言いながら最終的には閉鎖した。お繋がり頂いていた皆様には本当に申し訳ないが。

始めはお客様のご要望でスタートした。活動を応援し拡散する目的だ。

そのうちせっかくなので一般企業がやるような集客目的で自身のブログサイトへ繋げた。でっかいプロフィールと理解して私という人柄を理解して頂いて安心してご来店頂こうという目的もあった。

既にTwitterは始めていたがそこは一先ず休憩。色んな機能があるFacebookに夢中になった。これで色んな人と繋がることが出来ればもっと楽しいかも!

そして最終的にたどり着いた結論。

ヒトトツナガルッテツカレルorz

知人の活動はもちろん応援したいし、幸せな投稿にはいいね!したい。でも、辛かったのはセッション以上にその人の本質が見えてしまうことにあった。

そりゃ当然よね。本音が満載がいいとこなんだから。

繋がりってこういうことじゃないよな〜

f:id:kudomichi94:20160906202933j:plain

不義理が見栄隠れする人の記事が一番疲れる。おいおい、そうじゃねーだろって。

私に対してならばまぁまだいい。お互い様でって流せる。第三者として見えるのが辛いかな、やっぱ。

生い立ちの違いとうのも嫌でも見えてくる。個性を持たせたいと言いながら単にわがままを育て暴走させている親、リアルよりもえげつないネットの社会を見せて萎縮させてしまう親、自分の価値観を押し付けてコメント攻撃をする親・・・

ついつい己のエゴがくすぶり始める。

 

大切にしたい繋がりは育児や仕事に成功している人じゃない。失敗から学んだ人々との絆だ

ある程度の年齢に達したら、誰にでも理解して貰おうとは思わない方がいい。大人は距離をとるだけ。理解しがたい人とのコミュニケーションは疲れるし。あまり多くを望まないことだ。

何よりあなたを真っ先に理解しようとする人々がいる。そうした人々に感謝をしなくてはならない。あなたを理解する必要のない人があなたを理解して受け入れてくれているかもしれない。しかし、そんな人は「あなた」だけを理解しているのではなく「社会的霊性」を理解している。そこを見極めよう。

あなた一人にだけでなく、他の誰にでもそうである人なのだ。そして、このような人は立ち入らないし引き入れない。領域と距離の大切さを理解している。気を引こうと、自分に意識が向くようしても無駄なだけ。彼らは動きそうで動かない。

また、あなたは理解すべき人がいる。あなたを理解しようとして不器用に嘆く人々だ。それをせずして受け入れられようとはしてはならない。

彼らは懸命に己の不甲斐なさから学ぼうとしている。